認知症

認知症の方も安心

プロの介護・看護だからこそできる認知症ケア。


有料老人ホームネクサスコートでは現在、入居者の約半数に何らかの認知症の症状が見られます。
一口に認知症と言っても、お元気だった頃の生活スタイルや環境によって、症状に個人差があります。その方がどこで育ち、どういう経緯で今こういう状態になったのか。その方のプロフィールをスタッフ全員で把握することが、最初の重要な仕事です。

認知症の方は、どういう理由でここに来たのか認識ができずご入居されて最初の1カ月は、家に帰りたいと何度も言われます。そんな時、お習字やお花など、事前に得たプロフィールからその方に合ったレクリエーションにお誘いすることで、落ち着かれるケースが多くみられます。

ネクサスコートでは、ご入居者様の起床から就寝まで、規則正しい一日の行動すべてに介護職員が付き添います。その際、介護職員は、ご本人の意欲や関心を促し、できる限り自立を支援します。

認知症の方は、時に感情が抑えられなくなることもあり、それに悩まされるご家族が多いのですが、それすら受容するのがプロの介護だと私たちは考えます。行動制限はもちろん、心の抑制も認知症には良くありません。受容することでご入居者様もご満足いただき自立のお役に立てること、それが私たちの使命です。

認知症の方でも入居できる有料老人ホーム