フリーダイヤル0120-75-1165

電話受付時間 9:00AM〜7:00PM 無休

資料請求お問い合わせ

ニュース

ニュース

職員インタビュー/ネクサスコート青葉台:第3回

2020.05.22

《Interviews》

片山 舞(Mai Katayama)

ネクサスコート 青葉台

2014 年4 月入社

 

 

【プロフィール】

人間社会学部卒。介護福祉士。

大学卒業後、ネクサスコート桜並木に入職。現在、ネクサスコート青葉台にて勤務。

 

 

「喜んで頂ける仕事」介護の仕事に就いて良かったところ

 

 

〇就職活動では他業界を中心に見ていた片山さん、最終的に介護業界に就職した理由は?

 

「人と関わる仕事がしたい」と思い、就職活動では、ホテル・ブライダルなどサービス業中心に受けていました。

最初は、介護や福祉の業界は全く考えていなかったのですが、大学の就職支援センターに介護も「人と関わる仕事」だと教えてもらったのが、興味を持ったきっかけです。

いくつかの会社から内定を頂いたのですが、ネクサスコートには、同じ大学の先輩が何人かいて話を聞いていたので安心感があった、というのが最終的にネクサスコートに決めた理由です。

 

 

〇もともと介護業界を考えていなかった片山さん。入職後はいかがでしたか?

 

もちろん少しギャップは感じましたが、研修なども充実したのでスムーズに入職できました。

介護の仕事の魅力は、ご入居者様から感謝して頂ける場面があることです。

プライベートな空間、デリケートなところまで関わらせて頂くので、むしろこちらが感謝することの方が多いのですが。

また、ご入居者様によって最適な介助、接遇は異なると思うのですが、その方にあった対応を徐々に出来るようになっていくのは、喜んでも頂けますし、自分もステップアップした気になるので嬉しく感じる瞬間です。

例を挙げたらきりが無いのですが、一例としては、補聴器をつけてらっしゃるご入居者様がいらっしゃいました。

幻聴があるようで、夜に不穏になることが多かったのですが、安心して頂けるように寄り添って日々ご対応していました。

あるときから名前を覚えて頂けるようになり、色々な場面で頼って頂くようになったのは、介護スタッフとして一人前になれた気がした瞬間でした。

他のサービス業同様にお客様に感謝頂ける場面も多いですし、介護職の場合、資格などで将来目に見えて残るものもあるので、今は介護の仕事に就いて良かったな、と感じています。

 

 

〇介護職の魅力を語る片山さん。実際にどんな働き方をされているのでしょうか?

 

シフトは、それぞれのスタッフの希望も踏まえて決めているので、人によって変わりますが、私の場合は、日勤と夜勤をバランス良く組んでもらっています。

夜勤は、疲れる日もあるのですが、軽く仮眠をとって出掛けることも多いです。

平日の昼間にお買い物にいけるので、どこも空いていて得した気分になることもあります(笑)。

希望休はしっかりとって頂けていて、連休も取れています。

休みの日は、映画館や猫カフェに行ったり、スパでリフレッシュしています。

 

 

〇充実したお休みの日を過ごされていますが、仕事ではどんな役割ですか?

 

現在は、サブリーダーとして勤務しています。

現場でやることは介護スタッフと同様ですが、加えて、1 日の分担業務表を作成したり、他職種とのパイプ役も担ったりしています。

新卒3年目からサブリーダーを任されたのですが、最初は緊張の連続でした。

けれども、スタッフみんな協力的で、サポートして貰えるので、サブリーダーができているのかなと思っています。

ベテランの上司、職員も多く、相談しやすい雰囲気なので、安心して取り組めています。

 

 

〇片山さんから見たネクサスコートはどんな会社ですか?

 

研修が充実した会社だなと思っています。

本社で研修があるのですが、希望を聞いて頂き、参加させて貰っています。

研修があると、現場のシフト調整もしなくてはならないのですが、各施設の上司も理解があって、快くシフト調整して頂いています。

スキルアップには良い会社です。私自身も、会社の対策研修のおかげで、介護福祉士国家試験の勉強もスムーズに取り組めました。

もともとは新卒向けの研修が充実した会社だったのですが、最近は中途入社の方向けの研修も多くなってきています。

未経験の方でも働きやすい会社だと思いますので、安心してご入社頂きたいと思います。

 

以上

お知らせ一覧へ