介護通信

ホーム > 介護通信

どんな病気? ちゃんと知ろうアルツハイマー型認知症

どんな病気? ちゃんと知ろうアルツハイマー型認知症 最近、両親が「物忘れが激しくなった。言いたい言葉があるのに出てこない」と言うようになった。 これらは軽度な記憶障害であり、アルツハイマーの特徴だとも言われています。 ご両親が高齢だと、もし...

体験入居が鍵? 老人ホームの基本的な選び方

体験入居が鍵? 老人ホームの基本的な選び方 老人ホームはあなたの大切な家族が暮らす場所であり、あるいは近い将来あなたにとっての「終の棲家」になりうる場所の一つでもあります。 そんな老人ホームの入居先は、どのような方法で選べばいいのでしょうか...

高齢者も家族も満足する老人ホームの特徴

高齢者も家族も満足する老人ホームの特徴 これから老人ホームに入居しようと考えている高齢者は、老人ホームにどのようなことを求めているのでしょうか。 また自分の親をこれから高齢者施設に入れようと思っている家族は、どのようなところに注目しながら老...

認知症高齢者を悲しませないための接し方

認知症高齢者を悲しませないための接し方 アルツハイマー型認知症などを含めた認知症の高齢者の割合は、今や4人に1人といわれています。 基本的に認知の衰えは、加齢によって進むものです。 特に認知症は脳の病気であることから、認知症を患っている本人...

高齢者が胃ろう手術を受けるメリット

高齢者が胃ろう手術を受けるメリット 今回ご紹介する「胃ろう」は、何らかの事情で嚥下(えんげ、食べ物を飲み込むこと)が困難になった人や摂食障害のある人に適した経腸栄養補給法となっています。 通常の食事と違う点としては、口と食道を通さないところ...

口腔環境の悪化が命を縮める!?高齢者の口腔ケアについて

口腔環境の悪化が命を縮める!?高齢者の口腔ケアについて 「健康寿命」の長さが重要視されるようになるとともに、80歳で20本の自歯が残っていることが理想とされるようになりました。 本来の歯を守る取り組みは、食べる楽しみを体感し、生きる喜びを通...

在宅療養の限界を超える「看取り介護」4つのメリット

在宅療養の限界を超える「看取り介護」4つのメリット 地域包括ケア構想が進んで、現在では地域ぐるみで患者を受け入れ、在宅療養の形で医療ケアを受けようという形が増えつつあります。 病院に入院して最期を迎える方が減る中で、家族の最期を一緒に過ごし...

おいしい進化を遂げた介護食!「まずい」は過去のイメージ?

おいしい進化を遂げた介護食!「まずい」は過去のイメージ? 介護食といえば噛みやすさや飲み込みやすさを第一に考えて作られているため、流動食のような見た目をしていたり、味がイマイチだと考えられています。 しかし、2012年ごろから画期的な介護食...

早期発見が重要!認知症の症状

早期発見が重要!認知症の症状 日本は4人に一人が高齢者といわれるほどの高齢化社会です。 さらに、その高齢者の7人に1人が認知症であるといわれています。 高齢になれば物忘れをすることは誰にでもあります。 しかし、物忘れと認知症はまったく別物で...

有料老人ホームとは違う?シニア住宅とは何なのか

有料老人ホームとは違う?シニア住宅とは何なのか 高齢者の方に、人生の円熟期を快適に暮らしていただくことを目的に作られた施設に「シニア住宅」があります。 有料の施設である点では有料老人ホームと同じですが、シニア住宅の場合は入居条件などに特徴が...