フリーダイヤル 0120-75-1165

電話受付時間 9:00AM〜7:00PM 無休

資料請求お問い合わせ
ネクサスコートHOME ネクサスコートHOME

施設長ごあいさつ


ネクサスコート湘南鷹取施設長、工藤恒哉です。

当施設は開設され7年目に入りました。京急線田浦駅、追浜駅の中間地点にあります。無料の送迎バスが出ておりますので、是非、ご利用していただきお越しくださいませ。

 24時間介護・看護職員が常駐しており皆様の安全、安心を確保しながら寄り添ったご支援をさせていただいております。

介護は無資格の職員からベテランまで幅広く、技術、支援方法にばらつきが無いよう介護の役職者指導のもと、ケアの統一を計っております。看護師は准看護師、正看護師がおり今まで大きい病院で得た知識で、皆様のご状態を確認させていただいております。職員には日頃から「支援をしている」とは思わないように、私たちは常に「支援をさせていただいている」と思い、皆様のご対応をするよう伝えております。

当ホームには認知症の方が何名かおり、私たちの行動、表情、全てにおいて敏感に反応、察します。なぜ不穏、ご機嫌が悪くなってしまったのか、わからず困ってしまう新人職員も何名かおりました。何がそうさせてしまったのか、何もしていないのならどうしてなのか。こういった際に、私からは『なぜ』と考えるように職員に伝えています。考えることで、ご病気の関係で実はトイレに行きたかった。お腹が空いていた。あの職員のこんな行動が気に入らなかった。などと、言いたくても言えず、また伝え方一つ変えてみただけで不穏にならない。など原因が突き止められます。

お客様、「人」に興味を持つこと、好きになることの教えを私は恩師に教わり、今もこの教えを職員、とくに新人職員に伝えております。あるご入居者様がいつも全量近く召し上がっていたはずが、その日は半量も召し上がっていませんでした。「なぜ」と思った職員は、身体に手を当てて発熱ではないかと思いました。ただ熱感はなく、本人は体調不良訴えず、ただ食べる気がしないとおしゃっておりました。しかしそれでも元気な方が、食べないのはおかしいと思い調べていくと、数時間前に家族様との面会がございました。もしかしたらと思い「家族様が帰ってしまい寂しくなってしまったんですか」とお聞きしたところ、頷かれました。その職員は「また近々来るとおしゃっていましたよ」と伝え所、満面の笑みで「そうなのね、良かった、安心した」と食事を再開されました。職員から、事務所に連絡が入り今日のことをご家族様にお伝えし、数日後に来ていただきました。ご入居者様からも全く会えなく環境ではないと思って頂き快適に過ごして頂いております。