「満足度向上」を目指すネクサスコートの取り組み

「満足度向上」を目指すネクサスコートの取り組み

有料老人ホーム「ネクサスコート」を運営するネクサスケアでは、ご入居者様の「満足度向上」を目指し、各施設ごとで研究テーマを設け、年に一度の社員総会にて取り組み事例の研究発表を行っています。





平成30年度の取り組み発表では、関東地区では9施設の中からネクサスコート練馬、ネクサスコート久地、ネクサスコート橋本の3施設が最終選考に残り、ネクサスコート練馬の「排便困難による不安や苦痛の緩和」についての研究発表が関東地区優秀発表に選ばれました。 札幌地区では5施設の中からネクサスコート真駒内とネクサスコート白石南郷が最終選考に残り、ネクサスコート真駒内の「排泄解除の見直し」についての研究発表が優秀発表に選ばれました。 仙台地区では3施設の中からネクサスコート泉中央の「華麗なビフォーアフター」についての研究発表が優秀発表に選ばれました。 各施設の研究発表は全施設間で情報共有され、ご入居者様の満足度向上のために役立てています。

~平成30年度 施設取り組み優秀発表~


「排便困難による不安や苦痛の緩和
~より自然な排泄を目指して~」

関東地区/優秀発表 ネクサスコート練馬

概要:
排便困難なご入居者様に、野菜ジュースの摂取と並行して栄養管理と運動を促すことで、下剤を使わず自然排便が得られADLが向上し、本人様の威厳を守り、自立支援に繋がった取り組み。


「排泄介助の見直し
~当たり前を当たり前と思わない~」

札幌地区/優秀発表 ネクサスコート真駒内

概要:
日常当たり前に行われている排泄介助を違う視点から見て改善に取り組むというもの。排泄用品提供の業者から知識・根拠等の研修を受け、これまでの職員の意識を改革。症状別のご入居者様に対して実践し、技術向上・業務負担の軽減・ゆとりを増やし、より良いサービスができた取り組み。


華麗なビフォーアフター
~3つの働きかけで変わる泉中央~

仙台地区/優秀発表 ネクサスコート泉中央

概要:
残業代などの経費削減、ご入居者様との信頼関係や職員間のチームワークの構築、お客様の声に耳を傾け、選ばれる施設になるための意識づけへの取り組み。